トップページ > コンプレックス

コンプレックス

物心ついた頃からコンプレックスの固まりでした。

高校生になると、友達と集まって化粧の練習をするのが楽しくてしょっちゅうしていました。
その頃の化粧の練習といっても、ファンデーションの塗り方や眉毛の書き方、ビューラーの使い方など基本的なもので、一通り普通に化粧が出来るようになるように、練習していました。
その頃は、眉毛の形を整えるのが流行した頃で、やり過ぎて爪楊枝のような眉毛をしている子も珍しくありませんでした(~_~;)

短大生になるとコンプレックスだった、腫れぼったい目をどうにかしようとして、目元をポイントにした化粧をするようになりました。
すっきり見えるように、青色をベースとしたアイメイクをしていました。

社会人になると、雑誌を買い集め、ファッションだけでなく、メイク特集も勉強して、アイライナーを太く入れ目を少しでも大きく見えるように、アイカラーもブラウン系で顔に凹凸が出るように、ファンデーションを塗る前の顔のベース作りから、これもまた凹凸が出るように、頑張ってました。
メイクにも、流行りがあり、パンダ目が流行った時は、目尻の下に黒くシャドーを入れたり、猫目が流行ると目の上のアイライナーを上げて書いてみたりしました(n‘∀‘)η

おかげで、化粧をとると。。ん(メ・ん・)?てなりますけど、自分の中では少しはコンプレックスも和らいだかな、と。。

化粧は、女子にとっては、魔法の道具です♪

関連エントリー
コンプレックス
体型カバー
脱毛エステサロン
フェイスサロン
一重まぶた
歯の矯正
菓子パンを我慢してダイエット
ダイエットに我慢は大敵
揚げ物や甘いものを食べないのが辛かったです
徒歩通学でダイエット
産後の贅肉との戦い
しつこいお腹のお肉
食べすぎでお腹周りがタップリ
更年期で増えるお腹のぜい肉
お肉のぜい肉取りにフラフープ
今年の目標、腹のぜい肉撃退
期待しすぎず信用しすぎず
夏の前のダイエットは本気度がちがう
サナ 薬用スカルプ デリケートな頭皮のシャンプー
サナ 薬用スカルプ デリケートな頭皮のシャンプー
体内に取り入れる添加物はなるべく減らす
全く使わなくなり今では部屋の隅へ追いやられています
花粉症はバロメーター
毎日の半身浴が私の健康法
出来るだけお金をかけたくない自分
化粧品を選ぶ時のこだわり。
メニュー
ダイエットに失敗
美容マニアックス
リンク集
運営者情報