トップページ > 美容外科と形成外科の違い

美容外科と形成外科の違い

混同されやすいのが美容外科と形成外科との違いです。実際、同じ病院・クリニックでこの二つの診療科目を取り扱っていることも多いため、区別がつきにくい面があります。

美容外科は形成外科の一種ともいえます。行われる施術内容に共通する部分が多いからです。しかしその目的やコンセプトに関しては大きな違いがあります。

形成外科とはアザやヤケド、傷跡など皮膚にできた損傷を治すための治療を行う診療科目です。手術後の傷跡やヤケド痕などはその代表的な治療対象となるでしょう。この場合、治療は保険が適用される場合とされない場合があります。保険適用の対象となるのは社会生活を送る上で深刻な問題となるような傷やアザの場合。問題がないと判断される傷やアザは保険対象外となります。

一方、美容外科の場合はそういった損傷や疾患などとは関係なく、純粋に外見をより美しくするためにさまざまな施術を行う診療科目です。一重まぶたを二重にする、鼻を高くするなど、治すのではなく変えるのが主な目的となります。ですから、原則として保険は適用されません。料金や治療内容、導入されている技術なども病院・クリニックごとに異なってきます。

このように、美容外科と形成外科は外見の悩みを解消するという面においては共通しているものの、それ以外の点では大きな違いがあります。傷跡などで悩んでいる人の場合は形成外科で保険適用で治療が受けられる場合もありますから、事前に医師に相談してみるとよいでしょう。

関連エントリー
美容外科とは
美容外科がもたらすもの
美容外科と形成外科の違い
美容外科とアンチエイジング
美容外科と脂肪吸引
美容外科の費用について
美容外科とアフターケア
美容外科選びと体験談
美容外科と豊胸術
美容外科と二重まぶた手術
美容外科とプチ整形
美容外科と鼻の施術
美容外科と脱毛
美容外科と多汗症治療
美容外科とフェイスライン
散歩は格安のダイエット方法
ダイエットがつづかない。。。
産後ダイエット
メニュー
ダイエットに失敗
美容マニアックス
リンク集
運営者情報